ミステリアスばかりではない、
猫のファッショナブル・ゴージャスを堪能。




猫の出演する映画といえばミステリー・ジャンルの多い劇映画ではあるが、むろんそのミステリアスを生かすアンサンブルの妙、なのではある。
しかし、実はもうひとつ、猫を欠かせない舞台、というのがある。
それはその背景がゴージャス、リッチ、ブリリアントであればあるほど、猫は必須の、人材ならぬ猫材なのである。

ティファニーで朝食を5しかも飼い主が、王妃からスタートしたオードリー・ヘプバーンとくれば、いやがうえにも、ファッション性も倍増ということである。
猫のミステリー出演の多くはエキストラ出演であることも多いが、まだティファニーが日本に出店していなかった頃の「ティファニーで朝食を」('61)は、優雅もいや増す、存分の助演である。

ティファニーで朝食を2オードリーといえば何といってもファッション、「媚薬」の魔女キム・ノヴァクのケースは、彼女のミステリアス+猫のミステリアスの相乗効果、「ティファニーで朝食を」の場合は、ファッション+猫のファッション性で、優雅も天上びとのごとし、というわけです。

ティファニーで朝食をヒロインは少しも大金持ちでもないんですが、オードリーが演じることで、すべての背景、すべての小道具が、ファッショナブルになる、その感情の揺れさえが、センシブルな輝きに満ちてくるというのも、いまだにCMに登場する彼女の特性というべきでしょう。

ティファニーで朝食を4猫と寝そべり、濡れ猫と抱き合うシーンですら、ゆったりと贅沢感が醸される、これでこそ猫もまた生きた映画ではあります。
オードリーともども、猫も為すがまま為されるがまま寡黙なところも、喧騒から逃れ、ひとときゴージャスな気分で過ごすなら、のんびりゆったりの上、ファッション性もゴージャス感もプラスする、猫のもうひとつの特性を味わうにはふさわしき作品、ぜひご覧あれ!

「ティファニーで朝食を」のショー・ウインドウ

スポンサードリンク
posted by 猫ニャン at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(3) | 猫DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

金&プラチナ
Excerpt: 永遠の輝きを持つ資産、金・プラチナ。*゚☆。*゚ 金はその輝きとともに、希少性の...
Weblog: ティファニーの秘密
Tracked: 2009-01-16 05:49

ティファニーvol.1
Excerpt: ティファニーについて調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました...
Weblog: ティファニー
Tracked: 2009-01-17 11:08

Audrey Hepburn
Excerpt: moon river-breakfast at tiffany´s ムーン・リバー(Moon River)は、1961年に作詞ジョニー・マーサー・作曲ヘンリー・マンシーニによって作られた曲。同年..
Weblog: カバーズ曲集
Tracked: 2010-03-14 18:31
Copyright(C)2009byニャンとも のほほォ〜ん猫暮らしAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。