玉座のニャンくんにインタビュー!




<家>というカテゴリにおいては、ご主人さまにスグ成りおおせるのは、猫の特技、と言っていいでしょう。
なにしろ在宅時間が最大な上、飼い主変じた召使までいることになってしまうのですから、そのベッドは玉座に似るのです。

王様のお休み=パトラくん.jpgその玉座にいる王に少しインタビューをいたしますと、
「なんや、うるさいなあ。なんか用か?」
「いえいえ、特に用というほどのものはないのですが、なぜそんなに目ざとく、耳ざといのですか?」
「しもじもが煩いからじゃ」

「ごもっともです。それではそんなによく眠れるのは何か秘訣が?」
「神々は、これが思索の姿勢なんじゃ。おめえさんも少しは思索の時間を持て!」
(コレ、下々に対する神々(上々)でありますよ!)

逆さプラトン2.jpg「お仕事もしないで日々悠々自適の日々を過ごすために心がけることは?」
「その発想がもうダメじゃ。こうして思索の時間が保てる限り、自然とわが身に神々の降臨が訪れるのじゃ。つまり当然、神々はやくたいもないお仕事などしようともせんのや」
「おそれいります」

俗世間にまみれたインタビュアーは早々に退散というわけです。
しもじもは使いっ走りに慣れきり過ぎとるだけのことなのですなあ。
教訓:たまには玉座にすわりんさい!

と言われてもなあ。下々の世界ではたいがい玉座に先客がいてなあ。
その居心地を知らんことも多いのよ。
まあ、あれだな。俺は王だと、自覚することから始めるしかないかもしれん。まずは群衆に紛れ癖を是正かもね。

人気ホームページランキングへ
スポンサードリンク
posted by 猫ニャン at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のいる生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2009byニャンとも のほほォ〜ん猫暮らしAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。