ミステリーのない男女関係なんて!




日頃、猫と女性はよく似ている、女を知りたければ猫を知れ! と標榜しておるんですが、その似ている部分の最大は、その社交性においてこそなのです。
これは男の実務的社交性とはまったく非なるもので、まさしく天性、仕組まれることなく身に備わった大いなる才能というべきです。

2009.3.20パトラ後姿.jpgそれでは猫と女性の一番異なった部分は何かといいますと、もうズバリ、寡黙と饒舌、これに尽きるのです。
これはあらゆる真理の裏表の如く、社交性をそれぞれサポートする機能といってもいいものですが、猫は寡黙を持って社交性をいや増し、女性はそのおしゃべりを持って社交の溝を補填するわけです。

一見正反対の寡黙と饒舌ではございますが、結果としてそのそれぞれの特性を見事に現していると言っていいもので、猫は、寡黙を持って人間との耐えざる距離感を醸成し、そこにミステリーを胚胎させるものですし、女性は、そのおしゃべりを持って同性との共生を果たし、互いの競争原理を埋めてしまうもののようです。

2009.4.7プラトン3.jpgここで猫と男性となりますと、あくまで異性、猫と女性が同性のごとくのおつきあいから言いますと、恋愛に限りなく近いミステリアスなのではございます。
しかし男と女の関係にもあるミステリアスは恋愛の終焉とともに跡形もないことになりがちでございますが、猫と男のあいだにあるミステリアスはその様相にさほどの変容はありません。

この猫と男の変わりなき関係を考究するに、翻って男と女の関係の変容は、男と女のあいだにあるおしゃべりがその関係を変容させている要素なのではないかと、想いが至るのでございます。
猫の応答を拒否したといってもいいくらいの寡黙は、逆に変わらぬ恋愛感情を持続させ、その想いはあくまで夾雑物に邪魔されず、シンプルライフ、ひいてはスローライフに寄与していくものでございます。

思うにこの違いは社会的動物なる人間の不幸で、その社会的動物たるところの<社会的>を取り去り、ささやかな動物としての性をまっとうしたほうがより良きしあわせなのかもしれません。
或いは、異見もございましょうが……。

人気ホームページランキングへ
スポンサードリンク
posted by 猫ニャン at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のいる生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2009byニャンとも のほほォ〜ん猫暮らしAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。