吾輩は猫の、グッズであ〜る!




ネコとイヌの一番違うところは、ご機嫌取りをしてこない
これです。甘えることはしっかり知っていますが、人間で言えば揉み手をするほどのご機嫌取りは、決してしませんねえ。

人間ほど功利的でない、ということでしょうか。
とにかく<孤高><泰然><自負>というところがいいのですねえ。
そのかわり用心深い。きわめてデリケートな動物です。
選りすぐりの<女>でんな。

かといって排他的ではないところがまたいいところです。
小さい時から共に過ごせばどんな動物とも共生できる動物です。
実は気遣いができる動物なんですね。

プラトン2008.3.14-2.jpgここのところ、猫嫌いの方は喰わず嫌いの部分でしょう?
わが家のおふたりさんも喧嘩はしますがむつまじい時はなかなかのものです。
しかし、互いのテリトリー、距離感には厳然たるものがあるんです。
ここのところも人は学ぶべきところおおいにあると思いますが……。

閑話休題。
猫好きには猫グッズ好きが多い。当然のことである。猫くんに嵌ってしまうと、猫のあれこれ何でも好もしくなる。これはもう恋人みたいなものだ。いや、恋人以上かもしれない。何せ恋人よりその想いは長続きして、愛猫はいつまでも愛猫である。
心に揺らぎはない。その信頼関係にも揺らぎはない。考えてみれば人間関係より奇跡の関係である。そこに利害関係はない。癒し関係が存在するのみなのである。

そんな愛猫と万全の関係を築いていてもなお猫グッズが傍に欲しいのはその万全をなお万全に隙間無くしたい想いもある。
完璧など永遠に追いかけていく夢みたいなものだからなのである。
夢なら見なくちゃ損とばかりに隙間埋め猫グッズに眼がないこととなる。親馬鹿チャンリンと、ご同様である。

おふたりさん そっくりグッズ良くぞ猫可愛がりといったものである。猫可愛がり過ぎ、という非難には猫を猫可愛がりせんと何を猫可愛がりせいと言うんや、ということになる。
猫グッズに嵌るのにはさらに理由がある。50前後はあるかもしれない猫種と全部生涯のあいだに、おつきあい出来ないからである。

猫種違えばおおいに風貌違い、性格身じろぎ甘え方、みな違う。
女性への浮気と同じなようで大いに違う。そこには法律も権利も義務も声高に介在してこない愛あるのみである。凄いですね。嬉しいですね。素晴らしい関係ですね。

と言える吾輩は、猫グッズかもしれない。猫のための最高のグッズ、それが吾輩である。ニャンくんはたぶん、それが判ってしまっている!のである。イニャ〜ン!

人気ホームページランキングへ
スポンサードリンク
posted by 猫ニャン at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫族
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright(C)2009byニャンとも のほほォ〜ん猫暮らしAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。